あめのて

活字を垂れ流す

【Linux】理想のPC環境を整えたので自慢しつつ紹介する【PC周り】

スポンサーリンク

開発用の環境が完璧に整ったので自慢します。
僕が現在ブログを書いているパソコン周りの環境です。

パソコン本体の紹介はこちら blog.amenote.net

この記事では、デスク周り?の紹介をします。
僕にとっては、かなり理想的な環境なので、参考になる人はきっと参考になるでしょう!

例によってまずは写真から

こんな環境でブログを書いています! すべての写真-126

はい、トリプルディスプレイ、3画面です。
ブログを書くための環境としてはどう考えてもオーバースペックですが、基本的には開発環境なので3画面ばりばり使います。

モニターの配置のせいで、どうしてもゲーミングPCにしか見えませんが、OSがWindowsではなくLinuxなので基本的にほとんどゲームはできません。(やろうと思えばできる。グラボないけど。)
本当lは左右どちらかのモニターを縦にしたほうが使い勝手はいいんですが、左右対称に配置したほうがかっこいいので。見た目大事。

OS

ということで、この最高の環境を、こだわっている部分から順に紹介していきます。

まずはOSから。

OSは Linux Mint の MATE エディションを使っています。

主にサーバーサイドの開発をするので Windows は論外。
mac は大好きだし、一番使い慣れてはいるんだけど、開発用となると homebrew とか macports なんかが微妙に苦手なのでできれば避けたい。
ということで Linux かな、と。
もともと mac に ubuntu をデュアルブートで入れていたから、ubuntuは使い慣れてるんだけど、Unity が苦手なのでどうせ他のデスクトップ入れるなら ubuntu 派生の Linux Mint にしよう、と。
デスクトップ環境は無難に MATE を選びました。

USBからBOOTしたんですけど、そんなに難しくなかったです。
調べればやり方はすぐ出てくると思います。

Linuxのデスクトップって、僕にとってはなんか新鮮で、すごく楽しいです。
とくに、自作パソコンに入れてマルチディスプレイで使うと、より自分専用のパソコンって感じがして気分が上がります。

apt-get とかが便利なのでmacより圧倒的に開発にも向いていると僕は感じます。
とくに、サーバーサイドを触った経験のあるエンジニアなら難なく使いこなせると思うのでお勧めです。

キーボード

キーボードは FILCO の Majestouch MINILA US 配列の 赤軸を買いました。
FILCO Majestouch MINILA US67キー 赤軸 FFKB67MRL/EB
FILCO Majestouch MINILA US67キー 赤軸 FFKB67MRL/EB

このキーボード、最高です。
これに関しては個別にレビュー記事を書こうと思っているぐらい言いたいことが多いです。

本当はHHKというキーボードが欲しかったのですが、値段が三万円近くしてさすがに手が届かなかったので、妥協して第二候補のこちらを購入。
購入前はいくつか妥協点や不満点があったのですが、いざ買って使ってみると最高すぎてもう他のキーボードを買う気が全く失せました。
もしこのキーボードが壊れたらまた同じものを買うと思います。
今のところはですけど 笑

まあ、このキーボードに関して言いたいことをすべて言うと長くなってしまいますので、それはまた別の記事に託します。

とにかく、このキーボードはお勧めです。

……いや、万人にはおすすめできないか。。。

blog.amenote.net

トラックボール

この環境を構築するにあたって、初めてマウスの代わりにトラックボールに手を出してみました。
ケンジントン 【正規品・5年保証付き 日本語パッケージ】 SlimBlade Trackball 72327JP
ケンジントン 【正規品・5年保証付き 日本語パッケージ】 SlimBlade Trackball 72327JP

前からトラックボールを使ってみたかったんです。

この商品を選んだ理由は、単に見た目が格好良かったのと、あと中田ヤスタカさんが使っているからという、だいぶミーハーな理由です。
ですが、非常に満足しています。
これもキーボードと同じように個別にレビュー記事を書きたいぐらい。

やっぱりこれも、壊れたら同じものを買います。

慣れるまでは使いにくいだろうと覚悟していたんだけど、全然そんなこともなく、ほんの数分で慣れました。
慣れに関しては、むしろキーボードの方が慣れるのに時間がかかってる。

正確な細かい操作はマウスのほうが向いているんだけど、トラックボールはとにかく楽です。
負担が少ない。

まあ、トラックボールに関してもまた個別に記事を書きます 笑

Wi-Fi子機

僕の部屋、実はLANケーブルを引っ張ってこられないんですよね。
なので、仕方なくWi-Fi子機を使って無線でネットを利用しているんですが、これが一切不満のないインターネット環境を提供してくれているんですよ。

ちなみにこうなっています
すべての写真-129

えっと、何がどうなっているかというと

これに
BUFFALO Air Station NFINITI 11n/g/b USB用 無線子機 WLI-UC-G301N
BUFFALO Air Station NFINITI 11n/g/b USB用 無線子機 WLI-UC-G301N

これを
タイムリー USBファン [ 40mm角ファンモデル ]  LittleFAN40U
タイムリー USBファン [ 40mm角ファンモデル ] LittleFAN40U

輪ゴムで止めています

wi-fi子機が熱を持っちゃうんで、USBファンで冷却しています。
この環境が相当快適で、非常に安定したネット環境になっています。

しかもこの子機のすごいところは、USBにぶっさしただけでなんの設定もいらずにネットに接続できてしまいました。
Winやmacでは設定がいるらしいのですが、まさかのLinuxで設定いらず!!
そもそもLinuxでは使用できないタイプもある中で、完璧に対応していたので驚きました。
OSにドライバが標準で入ってるんですかね?

とにかく、Linuxでwi-fi子機を利用するならこれ以外の選択肢はないと思います。

あ、あと、この快適なネット環境のためにこいつも一役買ってくれています。
PLANEX 11n 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP コンセント直挿し型 ソケット一口追加 見えルンです対応
PLANEX 11n 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP コンセント直挿し型 ソケット一口追加 見えルンです対応

モニターアーム

この最高の環境にはモニターアームも欠かせません。
といっても、これに関してはとにかく安いやつを選んで買ったんですが。

グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03
グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03

モニターアームを使うことでモニターが浮き、自由に角度や高さを調節できます。
さらにデスクが広くなり快適です。

普通にモニター一枚ならいらないけど、マルチモニターにするなら配置に困るしデスクも狭くなるから必須だと思う。

PCデスク

PCデスクはAmazonの評価を信用して選びました。

サンワダイレクト ワークデスク パソコンデスク PCデスク W1200×D600 パソコンテーブル ブラック 100-DESK039BK
サンワダイレクト ワークデスク パソコンデスク PCデスク W1200×D600 パソコンテーブル ブラック 100-DESK039BK

正直大正解だっと思う。
絶妙なサイズ感で、高級感もあるしシンプルで使いやすい。
最高。

リストレスト・パームレスト

上で紹介したトラックボールとキーボードは、形状的に非常に手首に負担がかかります。
長時間利用するならリストレストがほしい。

ということで買いました。
最後に追加した項目-18

エレコム 疲労軽減リストレスト
エレコム 疲労軽減リストレスト "COMFY" ロング(ブラック) MOH-012BK

エレコム 疲労軽減リストレスト一体型マウスパッド ”COMFY” ソフト(ブラック) MP-095BK
エレコム 疲労軽減リストレスト一体型マウスパッド ”COMFY” ソフト(ブラック) MP-095BK

まあ、とにかく安いやつ揃えたんですけどね。
でもどちらも驚くほどサイズがぴったりで付属品かと思うぐらいです。
この奇跡的なサイズ感に感動したので自慢。

ディスプレイ

正直、ディスプレイは特にこだわってないんですけどここまで来たら紹介しておきます。

BenQ 21.5インチワイド スタンダードモニター (Full HD/VAパネル) GW2255HM
BenQ 21.5インチワイド スタンダードモニター (Full HD/VAパネル) GW2255HM

21.5インチです。
今となっては小さめのディスプレイなんですけど、マルチディスプレイにするつもりなら小さいに越したことはない。
これ以上でかいと圧迫感がぱない。

まとめ

結局、PC本体以外のほぼ紹介してしまいました。
頑張って作った環境なんで自慢したかったんです。

本当に最高の環境で、めちゃくちゃ快適にプログラミングやブログが書けています。
開発環境を整えるのは、エディタとかも含めてやっぱり楽しいですね。

PC本体の紹介はこちらです。 blog.amenote.net