あめのて

活字を垂れ流す

【自作PC】プログラミングしたいから Linux 用のパソコンを組んだので紹介する【開発環境】

スポンサーリンク

ついに自作PCを組んで、ほぼ理想の開発環境を手に入れたので紹介していこうと思う。

PCの用途はプログラミングで、CとかJAVAとかPHPとかRubyとかいろいろやる。
Linux使いのプログラマーには結構参考になると思う。

まずは写真から

すべての写真-125
パソコン本体はこんな感じ。
意外とでかい。
写真だと紫に光ってるけど本当は青。
ケーブルが汚いのは許して。

自作PCパーツ

せっかくAmazonプライムに加入しているので、今回のPCパーツはすべてAmazonで揃えてみた。
お急ぎ便でまとめて注文すると翌日に全パーツ届いてPC組めることになんか感動した。

パーツ名 商品 購入価格
CPU Intel CPU Core-i5-4460 6Mキャッシュ 3.20GHz LGA1150 BX80646I54460 【BOX】 23980
マザーボード ASUSTeK Intel H97チップセット搭載マザーボード H97-PRO 【ATX】 10800
メモリ 【Amazon.co.jp限定】シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL9 8GB 2枚組 ヒートシンク付 W3U1600HQ-8G/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】 4996
SSD Crucial [Micron製Crucialブランド] 内蔵 SSD 2.5インチ BX200シリーズ ( 240GB / 国内正規品 / SATA / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) 自社製TLCメモリー搭載 CT240BX200SSD1 7685
ケース SharkoonミドルタワーPCケース サイドクリアウィンドウ ブルー SHA-T28-B-V3/A 9698
電源 玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 600W ATX電源 KRPW-L5-600W/80+ 5969
CPUファン Cooler Master Hyper TX3 EVO サイドフローCPUクーラー Intel/AMD両対応 日本正規代理店品 RR-TX3E-28PK-J1 3366

合計金額
66494円

表示崩れてるのは許して。めんどい。

価格はあくまで僕が買った価格であって、現在の価格とは違うかもしれないけど、まあそこまで大きく変わることはないと思う。
リンク先がAmazonになってるから金額確認してみてください。

PCパーツの合計金額6万円代でそこそこのスペックのPCが組めちゃいました。
妥協するところは妥協して、こだわるところはこだわって、自作PCらしい結構ニッチなパソコンになったんじゃないかと思います。

OSはLinuxだから無料だし、光学ドライブとグラフィックボードはいらないからつけてないし、容量は240ギガしかないからそりゃ安く済むんだけど。
そういうパソコンがほしい時は絶対自作するべきだよね。
パソコン本体が安く済んだ分、マウスとかキーボードとかモニターとかをこだわれるし。

パーツ解説

それでは、各パーツを選んだ理由とか簡単に解説していきます。

まず、大前提としてLinuxOSを入れるつもりなら最新のパーツは使わないほうがいい。
ドライバとか対応していない可能性があるから、何年か前の有名なパーツを選ぼう。
上で紹介しているパーツの組み合わせで、Linux Mint 17.3 は問題なく動いているので、とりあえずこの記事で紹介したパーツを使っておけば間違いはないと思う。


CPUをi5にした理由は、ゲームするわけでも高画質の動画を編集するわけでもないからi7はオーバースペックすぎるし、今使ってるMacよりはいいCPUを使ってみたいし、、、ということでi5になりました。
結果としては今のところCPU使用率が20%以上超えたことがないので、もうちょっと落としても良かったかなとか思ってたり。。。

マザーボードはAmazonで売れててレビューがよくて3画面マルチディスプレイ対応のものを。 メモリは8ギガもあれば十分なので安くて売れているものを。
容量は本当に200ギガもあれば十分だったので、せっかくだからSSDを、と。
ケースは見た目と値段で。
電源はグラフィックボードつけてないから本当はもっと小さくていいんだけど、ちょっと欲張って600Wに。
CPUファンなんかは絶対リテールクーラーで十分なんだけど、つけてみたかったからという理由でAmazonレビューを参考に購入。
OSはUSBで入れるから光学ドライブはいらないし、マルチディスプレイ対応のマザボにしたからグラボもいらない。

そんな感じで、ケチったりこだわったりしながらも用途的には十分すぎるスペックのパソコンが非常に低価格で組めました。

まとめ

自作PCにLinuxいれるのはやっぱりちょっと不安なんだけど、ちゃんと動いてよかった。
むしろ、OSが無料であるLinuxこそ自作PCにすべきだと思う。
お得感が段違い。
おかげで、非常に快適な環境でブログを書くことができています。

でもやっぱり情報が少ないからね。
特に日本語の情報は。
Linux用のデスクトップPCをお求めの方はぜひ参考にしてください。
ツイッターなどから質問してくれてもいいですよー。

OSの設定とか、モニターとかも含めた全体の紹介はまた別の記事でします。

↓その記事
blog.amenote.net

広告を非表示にする