あめのて

活字を垂れ流す

【感想】『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』を見てきた【ネタバレ無し】

スポンサーリンク

最新の劇場版クレしん、ユメミワールドを公開当日に見てきたので、新鮮な内に感想を書こうと思う。
ネタバレは無しで書くが、前情報無しで見たい人は読まないほうがいいかもしれない。

とりあえず全体的な感想

はい、非常におもしろかったです。

後ろに(小並)と付けたくなるような感想だけど許してくれ。
とりあえず本当におもしろかった。

正直言って、期待していたものとは大きく違った。
大きく期待はずれだった。いい意味で。

今回は脚本に劇団ひとりさんが加わってたせいなのか、今までの劇場版クレしんとは大きく異なったテイストの作品になっていた。
なので、今までの劇場版クレしんが好きな人の中には、受け入れられない人もいるかもしれないが、僕はとてもありだと思った。
いやむしろ、クレしんらしさを最大限に発揮しながらも、今までとは大きく異なった新しいテイスト、世界観を演出していたのでこれまでのクレしんを好きな人ほど面白いと感じるだろう。

具体的には、繊細な描写がものすごく多い点が今までのクレしんと大きく違っていた。
僕の妹が「ジブリっぽかった」と言っていたが、まさにそのとおりだと思う。
「言及こそしていないが、メッセージ性の強い繊細な描写」というものが多用されていた。
それは「単純でおバカでわかりやすくも説得力のあるクレしん映画」の中では、クレしんらしくないとも言えるが、そこがこの映画の特徴だろう。

そんな中でもクレしんらしさを最大限に発揮していたと言える理由は、テーマとギャグ要素だ。
テーマはクレしん定番の「家族愛と家族の絆」そして「春日部防衛隊の団結力」である。
僕はクレしんといえばこのテーマだと思っているので、これらを最大限に主張していたこの映画はクレしんらしさも最大限に発揮していると感じた。
そして、テーマの強いメッセージ性がありながら、ギャグ要素もかなり多かった。
最近のとにかく泣かせにかかってくるクレしんの中では、飛び抜けてギャグ要素が多かったように感じる。
やっぱりクレしんといえばギャグであり、下品な下ネタが豊富でないと。。。
それにしても下ネタ多かったがw

悪者がいない

全体の感想はこんなところだが、やはりネタバレ無しとなるとどうしても抽象的な感想になってしまって正直よくわからない……。
まあでも、頑張って感想を続けよう。

僕がこの映画で特筆したい点は、悪役がいないことである。

この映画には悪者はいない。
いるのは、家族を何より大切にしている者と、友達を助けたい者と、自責の念に駆られ襲われる少女だけである。

彼らは皆、何も間違っちゃいない。
ただ少しだけ、大切な者を守るためにやりすぎてしまったり、思い込み過ぎてしまったり、失敗してしまったりしただけである。
そういった人間臭さをギャグを交えて描きつつ、家族愛と友情で解決こそできなくても丸く収める、なんとも深い人間ドラマになっていてやっぱりクレしんらしくはないんだけど、めちゃくちゃ笑えて泣けて面白いんだこれが。
ああ、クレしん。

安田顕さんがいい

ゲスト声優として俳優の安田顕さんが出演しているんだけど、彼がよかった。ものすごく良かった。
淡々としてるんだけど感情的なとても繊細な演技で驚いた。
僕は所謂声豚だから、アニメにおける「ゲスト声優」の枠が嫌いなんだけど、安田顕さんは最高だった。
オトナ帝国のケンを彷彿させるキャラと演技で、クレしんらしさをより一層際立たせていた。

ネネちゃんかっこよすぎ

あと、今回はネネちゃんがかっこよ過ぎた。
ネネちゃんやばい。
極端に強情な性格の相手に対して「そこまでいくと嫌いじゃないわよ」なんてセリフ、どうして5才児が言えるんだろう。
とてつもなく人生経験が豊富なんだろうか。
ネネちゃんヤバイ。

まとめ

さて、まだまだ感想として伝えたいことは山ほどあるんだけど、ネタバレ無しとなるとこれぐらいしか書けない。
かなり抽象的な感想になってしまったから、DVDが出てからもう一回見てまた感想書こうかな。

今回の映画、僕の中ではクレしんの映画の中でかなり上位に入る。
あえてランキングをつけるなら4位ぐらいに入る。

予告が面白そうだったからかなり期待して見に行って、その期待を大きく裏切られたにも関わらず、めちゃくちゃおもしろかったので本当に素晴らしい作品なんだと思う。
まじでもう一回見たい。

クレしんが好きな人ほどおすすめの映画。
ぜひ見て。

広告を非表示にする