あめのて

活字を垂れ流す

初めて行った美容院で無茶な注文をしてきた

スポンサーリンク

今日美容室に行く予定だったんですけど、いつも行く美容室に電話をしたら今日はいっぱいで予約が取れなかったんですよ。
どうしても今日行きたかったので、思い切って行ったことのない美容室に行ってみることにしました。

5年ぐらい前からずっと同じ美容室だったので、結構無茶な注文をしまくっていたんですよね。
だから、同じように無茶な注文を聞いてくれそうな美容室をネットで探してみました。
具体的には、派手髪に染めてくれそうな美容室を。

本当は、前日に予約しておけばよかったのになあと、結構落ち込んでいたのですが、新しい出会いのチャンス!と思い前向きに思い直しました。
ブログで一番読まれているカテゴリーがヘアカラーに関する記事なのに、美容室を一つしか知らないのは説得力がないだろう!とか、自分に言い聞かせてました。

ということで、久しぶりに「初めて行く美容院」というものを久しぶりに体験したのでそのレポっていうかなんていうか日記を書きます。

駐車場が困った

まず美容室に到着して困ったのが、駐車場でした。
なんて言うか、説明しにくいんだけどちょっと立体駐車場チックになってたんですよね。
入り口も駐車場自体も狭くて、非常に入りにくくて停めにくい。
駐車場に入るまでに二三周しました。

僕の車、Z33なんですけど横幅がかなり広い車なんですよね。
なので到着から駐車までにすげー苦労しました。
軽とかだとなんの問題も無いんでしょうけど、見切りが悪く大きい車には辛かった。
まあでも、駐車に苦労することはよくあるので別にいいんですけど……。

アンケートとかあるんだ

ということで何とか駐車を済まして入店。
予約したものですと伝えると、席に案内されてアンケートを書かされました。
簡単なプロフィールと、お店をどうやって知ったかとか、まあマーケティングですね。
比較的新しいお店だったので、お客さんを増やすために努力しているのでしょう。

もちろん協力は惜しまないのですが、ボールペンのインクが出にくすぎて困った。

店内すげー綺麗

アンケートを書いて、いざ店内を見回して見るとすごく綺麗で広いですね。
新しいお店なだけあって、設備も充実してました。
店内が綺麗で広くて新しい感じだと、それだけでものすごく安心と信頼を得られますよね。
非常に居心地がよくてよかったです。

サービスもいいね

リピーターをどうやって増やすかに必死なお店ほど、サービスが充実してます。
入店してすぐ上着を預かってもらえましたし、ひざ掛けなんかも常備してありました。
飲み物ももらえましたし、マッサージも無料でした。
これ普通なんですかね?昔からある美容室とかだとあんまり無い気がしますが。

ただ、紅茶は甘かったですね。
紅茶デフォルトが無糖の紅茶がいい。
blog.amenote.net

ブリーチ痛い

まずはブリーチをしてもらいました。
ブリーチをしてもらう前に「ブリーチしみますか?」「痛いかもしれないけど大丈夫ですか?」と、頭皮の痛みについてものすごく心配されました。
確かにブリーチは少し頭皮が痛いのですが、僕は今まで何十回もやっているし、少しヒリヒリするぐらいで強い痛みを感じたことは一度もないので大丈夫ですとそのまましてもらいました。
染める際の痛みを和らげるためのスプレー?みたいなのもあったそうですが、使わずにしてもらいました。

そしたら

めっちゃ痛かった。

もうびっくりするぐらい痛かった。
今までのブリーチで感じたことのない痛さだった。
びっくりした。

ブリーチって美容室によってあんまり差がないと思ってたけどそうじゃなかったみたいですね。
すげー痛かったです。
人にもよるんでしょうけど、痛いブリーチと痛くないブリーチがあります。
気をつけてください。
このお店のブリーチは、僕に合わなかったみたいです。

色が残った……

綺麗な金髪になったら、あとは自分でカラートリートメントとかで好きな色に染めて遊ぼうと思ってました。

もともと、青みがかったシルバーみたいな色でその美容室に行ったんですよね。
ですが、市販のカラー剤で色が付いた状態でカラーをしてもらうというのは、美容師にとってはかなり無茶な注文なんですよ。
それが分かっていながら行ったんですが。

それでも、使ったのは他のカラー剤と比べて弱いからトリートメントなので、それほど影響はないかなーと軽く考えていました。

ちなみに使ったカラートリートメントはこちら。 blog.amenote.net

こんな状態で、ブリーチをしてくれと美容室に行きました。

少しムラのある金髪になるだろうぐらいに思っていました。

なぜかピンク色になりました。

これはびっくり予想外。
カラートリートメントでも、こんなにブリーチに影響がでるんですね。
それにしてもピンクとはびっくりしました。
こんな髪色で外に出るのは恥ずかしいので、ここの美容室でオンカラーもしてもらうことにしました。

セルフカラーで美容室行くのはちょっと考えないといけないかなあと思いましたねぇ……。

カットはまあ、しかたない

ブリーチをしたあと、オンカラーの前にとりあえずカットをしてもらいました。
結構長かったのですが、思い切って耳が出るほどに短くしてくれとお願いしました。

僕の髪はとても強い天然パーマで、つむじが2つあったりしてめちゃくちゃカットが難しいんですよね。
だから、初めてカットする美容師さんには期待してなかったんですが、思ったより上手く切ってくれました。
ただ、ドライヤーでかなり癖を伸ばしてセットしないといけない感じですが。
まあ、それぐらいは仕方ない。
カットはまあいつもそんなに上手くいかない。

いつもカラーとセットで勝負しています。

トーク

美容師って、トーク力がめちゃくちゃ重要な職業だと思うんですよ。
僕は全く会話がないままカットをしてもらっても全く構わないんですが、話していて楽しい美容師さんにはまたお願いしたくなります。

僕のカットとカラーを担当してくれた男性の美容師さんは、よく話をしてくれたのですが、助手?の女性の店員さんは全くしゃべりませんでした。
女の子と話したかったなあ、とかね。

男性の美容師さんは、人を褒めるのが上手でとても話していて楽しかったですね。
駐車場で僕の車を見たらしく「Zのってるんですね!」とか、「お仕事は何をしているんですか?」とか無難な会話から楽しく広げてくれました。
その美容師さんのおかげで、結構楽しい時間を過ごせましたね。

あ、あと、僕が来たときにお客さんの女の子が仕上げをしてもらっていたんですよ! 様子を見るに、高校を卒業して初めてカラーをしてもらったみたいで、かなり綺麗な色に染まっていたんです。
髪型もとても似合っていて、非常に出来のいい髪でした。
それを鏡でみた女の子が、泣きそうなぐらいに喜んでいて、見ているこっちが嬉しくなるほどだったんですよ。
あんなに喜ばれたら美容師さんうれしいだろうなあってぐらい。
あんなにかわいい女の子を、あそこまで喜ばせることができるなんて、美容師ってなんて素敵な職業だろうと勝手に感じてました。

オンカラーが大満足

カットが終わり、上から載せる色は美容師さんと話しながら決めていきました。
カラーチャート見せられて選ぶより、こっちのほうがなんか安心します。
具体的にいくつか写真を見ながら僕の好きな色のイメージを美容師さんに伝えました。

僕の一番好きな色はくすんだ紫なんです。
ブログ内で何度か言っていますが、マニパニのライラックが一番好きです。
その色のイメージを伝え、染めてもらいました。

僕はいつもブリーチは痛くないのですが、オンカラーは死ぬほど痛いんですよね。
ブリーチが予想外に痛かった分、すごくビビっていたので、痛くないようにおねがいしますと頼みました。

さっき言ったスプレーを頭皮にかけてからカラーをしてもらうと、全く痛みがなかったんですよ。
きっとカラー剤が違ったのもあるんでしょうけど、あの謎のスプレーが欲しいです。

それで、結果は大満足!!
もう完全に、僕の理想通りの色にしてもらうことが出来ました。
いやー、あの美容師さんすげーわ。
めっちゃいい色になりました。

美容師さんも気に入ったらしく、写真とっていいですかとお願いしてきたので撮ってもらいました。

安い!!

カットとブリーチとオンカラー、シャンプーは2回してもらったので、結構な金額になっただろうなあと覚悟していましたが……

10800円

やっす!!

あまりの安さにびっくりーー!

こんなもんですかね?
高級店っぽい雰囲気のお店だったんですが、この値段なら全然通える。

結果、大満足

さて、初めて行く美容室ということで結構ビビっていたんですが、とても満足のいく結果になりました。
色も価格も最高。

来てよかったなと思えました。
たまに違う美容室に行ってみるのもいいものですね。

髪の写真も張っておきます。
こんな色になりました。

すべての写真-133

まとめ

非常に満足したのですが、また来るかと言われると少し悩みます。
結果にはなんの問題も無いんですが、ブリーチが痛いというのがかなり辛いんですよねぇ。
僕は美容室に行った時ブリーチは必ずしてもらうので、それが死ぬほど痛いってのはキツイ……。
あのスプレーすれば大丈夫なのかな。
それでも慣れてる痛くないブリーチの方がいいよなあ。

ブリーチをしない、もしくは痛くないなら、全然候補に入る美容室でした。安いし。
いつも行っている美容室よりも近いですしね。

でも、いつもの美容室も愛着があるのでそこにいかなくなるということも無いです。

まあ、また考えましょう。