あめのて

活字を垂れ流す

こっそりブログタイトルを変えた

スポンサーリンク

もともと「あめのーと」っていうタイトルだったんだけど、昨日こっそり「あめのて」に変えました。
変えた理由は「あめのーと」ってダサくね?って思ったから。それだけ。

「あめのーと」の由来は僕の名前「あめ」からでした。
僕が何でも好きなことを書くから、僕のノートであめのーと。
あと、音フェチで雨の音が好きなので、「あめのおと」からあめのーと。
ノートには音楽用語で音符や音階の意味もあったりして、まあ、そんなかんじで付けました。
だからドメインは「amenote.net」。

でも思いました。
あめのーとってダサくね?
実際は複数の意味から考えた名前だけど、安直に思われない?
そもそもひらがなで長音ってちょっとなくね?
とか、そんな感じで思い始めましたので変えました。

「amenote」なんだから「あめのて」でいいじゃん、と。
これまた安直な理由で。
でもまあ、あんまり意味わかんないし、長音もなくてひらがなとしての字面もいいし、いいかなあと。
これで「僕の手」って意味にも取れるし。
だからなんだって感じなんだけど。

「アメノテ」ってカタカナにしても悪くないよね。
いや、むしろかなりいいな。
「アメダス」みたいで。
やっぱりカタカナにしようかな。
いや、あんまり何度もブログタイトル変えるのは良くないしひらがなのままにしよう。
カタカナの名称はいずれ別のどこかで使おう。

「アメノテ」 なんかの妖怪みたいだな。
何を連想してそう思ってるのかはわからないけど。

無理やり漢字にするならどんなかな。
「飴の手」かな。
なんか違うな。
てか、全部漢字にしたいよな。
ってなると「天乃手」かな。
なんか相撲の決まり手みたいだな。
いや、相撲の決まり手なんか一個も知らないけど。
決まり手って言い方で合ってるのかも自信ない。

「飴」って漢字めっちゃ好きなんだよね。
もちろん「雨」も好きだけど、それなら「あめ」の方が好きだ。
「飴」って漢字かっこ良くない?
なんか厨二心擽られるわ。
まあ、書けって言われても多分書けないんだけどね。
もうペンを持って字を書くってことがなさすぎて、漢字とかも全く書けないよね。
まあ、そんなことはどうでもいいんだけど。

僕が「あめ」って名乗り始めたのは中学卒業したぐらいからかな。
当時やってたSNSで使い始めた名前で、いつの間にかすごく定着したんだよな。
今でも、リアルで会う友達でそう呼んでくれる人はいっぱいいる。
由来は僕の本名にもともと「ゆき」が入ってるから、それを「雪」として関連語的に「雨」ってしたこと。
それと、単純に「飴」が大好きだったから。
今でも好きだけど、当時は四六時中飴舐めてたな。

飴ってやばいよね。 おくちが幸せになるよね。
飴の素晴らしさを説明するときにさ「おくちがしあわせ」って言葉を僕は必ず使うんだけど、必ず突っ込まれるよね。
なんだよその言葉、って。
でもさ、これ以上無くしっくりくる、完璧に飴を表現した適切な表現だと思うんだよね。
おくちがしあわせ。
僕にはこの言葉無しで飴を表現することはできない。


うん、これぐらいにしておこうか。
久しぶりに意味なく活字を垂れ流したのでスッキリした。

広告を非表示にする