あめのて

活字を垂れ流す

はてなスターが好きだ

スポンサーリンク

このはてなブログには「はてなスター」というサービスがある。
この記事の下のほうにも、☆を付ける機能が付いていると思うが、それがそうだ。

僕はこの、はてなスターが好きだ。大好きだ

はてなスターとは

photo by cobalt123

はてなのサービスの1つ。
自分のブログやサイトにはてなスター機能をつけることで、ブログを見た人が簡単に☆をつけることができるサービス。
低評価機能はない。
「挨拶のようなもの」。
はてなの全サービスに標準搭載されている。
引用:はてなスターとは - はてなキーワード

「好評化」でも「低評価」でもなく「挨拶のようなもの」という気軽さが好きだ。

フェイスブックでいうところの「イイね!」のようなものなのだろうけど、僕は「イイね!」は付けにくくて嫌いだ。
「イイね!」はどこまでいっても「好評化」の意味を持っていて、気軽ではない。
よく言われていると思うが、悪いと思った記事も、特に何も思わなかった記事も「イイね!」をつけるのはなんか違う気がする。
しかし「はてなスター」は「挨拶だ」。どんな記事にも気軽につけることができる。

僕は他人に自分の感情を伝えるのが苦手で、非常に心を動かされた記事にすら、いいコメントが思い浮かばない。
いい記事を読んで、筆者にそのことを伝えたいけれど、適切なコメントが出てこない。それでも、せめて「読んだ」ことだけは伝えたい。
そういうときに「はてなスター」は非常に便利なのだ。

「はてなスター」は「挨拶のようなもの」と言ったが、僕はこの挨拶を「読みました」だと思っている。
読んだことを伝えるための手段だと認識している。

Yonda!

僕の運営している某SNSには「Yonda!」という機能を実装している。
僕が思いついた機能ではないのだが、これもまたフェイスブックでいうところの「イイね」のようなものだ。

この機能はそのままの意味で、ただ「読んだ」ことを伝えるための手段だ。
とくにコメントも何も無いけれど、私はこの記事を読みましたと、それだけを伝えるための機能である。
「はてなスター」と同じく、低評価でも高評価でもない。

「Yonda!」を付けるのに、感想も評価もいらない。
たとえその記事を読んで不快な思いをしたとしても、「Yonda!」を付けない理由にはならない。
もし読みはしたけれど「Yonda!」を付けない理由があるとしたら、「読まなかったことにしたい」「読んだと思われたくない」という時だろう。
もちろん「Yonda!」を付けるのはユーザーの自由なので、読んだからと言って必ず付けなければいけないわけではない。

この自由さと、気軽さ。「読みました」以上でも以下でもないシンプルさ。
それらを僕は非常に気に入っていて、僕のSNSの中で最高の機能だと思っている。

はてなスターの良いところ

僕は、自分のSNSの「Yonda!」が最高の機能だと思っているが「はてなスター」の方が優れている部分もある。

複数個を付けられる

そのうちの一つが、任意の数だけ、複数個付けられることだ。
はてなスターはひとつの記事に、自分が付けたい数だけ自由につけることができる。

僕ははてなスターを「読みました」と言った意味と認識していると言ったが、これが複数個付けられても同じ意味とはとれないだろう。
ひとつだけならそれは「挨拶」であり「読みました」だと思うが、複数付けられたら「好評化」だと受け取るのが自然だろう。

「はてなスター」は、挨拶のような気軽さと、数を増やすことによる高評価の度合いまで表現することができるのだ。

カラースター

それともうひとつ、「はてなスター」にはカラースターといった有限のスターがある。
有限であるがゆえに、通常のスターを複数付けるより「好評化」の意味合いが強くなる。

おかげで「はてなスター」にはコメントをせずとも、「好評化」の度合いを表すことがほぼ無限にできるのだ。

はてなスターのちょっとだめなところ

しかし、そんな素晴らしいはてなスターにも、ちょっとだけ使いにくい面がある。
それは、ノーマルスター一個でもちょっとだけ好評化のニュアンスがあることだ。

はてなスターは、スターである。星である。★である。
このマークの持っているイメージとして、負のイメージはあまりない。むしろ、高評価のイメージが強いと思うのだ。

つまり、いくら「挨拶のようなもの」と言ったところで、スターを使う側にとっては「ちょっとだけ好評化」といったイメージがあると思うのだ。
フェイスブックの「イイね」程ではないが、間違いなく「いい」という感情を伝えていると思う。

これのおかげで、ただの「読んだ」よりちょっとだけ付けづらい気もする。
少なくとも、読んで不快になった記事に対して付ける気にはならないだろう。

まとめ

しかしまあ、なんだかんだ言っても僕は「はてなスター」が好きである。
離脱率やはてブのためには外したほうがいいという意見もあるが、僕はこの機能をずっと使い続けていくつもりだ。
きっとそのうちカラースターも買ってしまうだろう。

よろしくお願いします。はてなさん。

広告を非表示にする