あめのて

活字を垂れ流す

僕がWordPressを嫌いな理由を考えてみた

スポンサーリンク

ワードプレスってありますよね?面倒だからカタカナで書くけど。
主にブログとかで使われる、超有名なCMSのことです。
きっと、使ってなくても、ブログやってる人だったらだいたい知ってるんじゃないでしょうか。
このブログも最初はワードプレスでやっていたんですけど、途中ではてなに引っ越して来ました。

僕は仕事で、ワードプレスのカスタマイズとかもやっているので、結構ワードプレスを使ってる方だと思います。

でも、ワードプレス嫌いなんですよ。

僕がワードプレスを個人的に嫌っているだけで、ワードプレス自体は素晴らしいCMSだと思います。
単純に好みじゃないってだけです。

それで、なんで僕がこんなにもワードプレスを嫌っているのかを考えてみたんです。

こういう記事って、ワードプレスを好きな人が見たら不快な思いをしたり、これからワードプレスを使おうと思ってる人が見たら、使うのを躊躇ったりすることが多いですよね。
ですが、たぶんこの記事に関してはそういうことはないと思います。
完全に個人的な偏見の話なので。 安心してお読みください。

ブログを執筆するのに集中できないから嫌い

さっきも書きましたけど、このブログも最初はワードプレスでやってました。
ですが、ブログを書くことに集中できないのではてなブログに引っ越してきたんです。

blog.amenote.net

上の記事にも書いてありますが、ブログを書くためにブログを始めたのに、それ以外の作業が多すぎるんです。
ワードプレスは、はてなブログに比べてカスタマイズの自由度が高いです。
というか、htmlとphpの知識があればカスタマイズは無制限です。
それはワードプレスの長所でもありますが、ブログを書きたいだけの僕にとっては短所でしかありませんでした。
僕は出来る限りのことはしないと気がすまないので、ワードプレスのカスタマイズをしまくっていました。
それで、気がついたらブログを書いている時間より、カスタマイズに費やしている時間のほうが長くなってしまっていたんです。
ただブログを書きたいだけなのに、ブログを書くことだけに集中出来ないワードプレスは、ブログを書くことに向いていないと感じました。

フレームワークとかが嫌い

webやプログラムに限らず、僕は自分で作るもののすべてを把握していないと気が済みません。
できることなら、0から10まですべてを自分の手だけで作りあげたいのです。

言い方を変えると、僕は他人の作ったものを信用していません。
PHPで開発をするときも、使うフレームワークは所謂*1俺俺フレームワークです。
とくにPHPなんて、これといってお決まりのフレームワークがないので、余計に使えません。
フレームワークを使うならRailsのようなこれしかない!って言えるものでないと不安で使えないのです。
(ワードプレスもまあ、そうなのかもしれないけれど)

そもそもPHPが嫌い

そうだ、忘れてました。
ぼくはそもそもPHPが嫌いでした。
とくにPHPの強引な後付オブジェクト指向が嫌いでした。
フレームワークがどうとか以前の問題でした。

WEBエンジニアだから使えて当然みたいに思われるから嫌い

いや、嫌いだけどさ、嫌いだけど、一応使えますよ? 使えますけど、使えるかどうかも聞いてこないうちに、当たり前のようにワードプレス前提の話になってるのが気に食わないんですよ。
WEBエンジニアイコールワードプレスにしてんじゃねえよ勝手にさ!できればワードプレスなんかさわりたくねーんだよこっちは!

なんだかんだで決して使いやすくないから嫌い

簡単にWEBサイトを構築できる便利なCMS
ですが、なんだかんだで不便な面も結構ありますよね。
もちろん、便利なことの方が多いんですが、本来なら簡単にできることもワードプレスでやろうとすると面倒だったり。

まとめ

僕はPHP大得意ですし、WordPressも楽だから使います。
だけど嫌い。
それだけです。

*1:自作の自分しか使えないフレームワーク