あめのて

活字を垂れ流す

【MT】マニュアル車の公道での楽しみ方【スポーツカー】

スポンサーリンク

マニュアル車にお乗りのみなさーん!
運転楽しんでるーーー!?!?

今回はマニュアル車を運転する方向けの記事になります!
ほらほら、AT限定免許とかいうプラスチックの板持ってる奴は帰れ帰れ(煽り


はい、ということで、今ここに残っている今どきMTなんか乗っている方は、よっぽどの車好きか、運転好きか、MTしか運転できないクラシカルな方だと思います。

車の運転、楽しいですよね!
中には、週末サーキットに行ってドリフト走行や、タイムアタックを楽しんでる方もいるかもしれません。

MT車、特にスポーツカーを最大限に楽しもうと思ったら、公道だと違反になってしまうことがほとんどです。
なので、週末にサーキットに行って楽しむのが理想なんですが、時間や距離の関係で難しい方も多いと思います。

そんな方のために!今回は公道でも違反にならずに、安全にMT車の運転を楽しむ方法をお話していこうと思います。

半クラを使わずにショックレスシフトチェンジ

クラッチを繋ぐとき、雑にクラッチを上げると車体に振動が来ますよね?
知っている人がほとんどでしょうが、あの振動(シフトショック)は駆動系にダメージを与えています。

シフトショックに限らず、車に余計な振動を与えることはよくありません。

そこで、車に全く余計な振動を与えない、ショックレスな運転を心がけて見ましょう!

「そんなの半クラ使ってゆっくりクラッチ繋げばいいだけじゃん」

なんて冗談でも言わないでください!
「半クラ」はクラッチを滑らせているわけですから、やればやるほどクラッチの摩耗が進みます。

半クラをできるだけ使わずに、ショックレスシフトチェンジをやってみましょう。

クラッチを繋ぐ前に、ブリッピング等でエンジンの回転数を合わせ...

とまあ、長くなってしまうのでブリッピングや回転数についての詳細は省きますが、これがそんなに簡単じゃないんですよ!
なれるまでは全然上手く行きません。

ですが、できるようになると運転が上手くなったと錯覚してとても楽しいです!(あくまで錯覚) ぜひやってみてください。

減速時のダブルクラッチ

「ダブルクラッチ」わかりますか?
シフトチェンジのとき、一旦ニュートラルでクラッチを繋いで回転数を合わせるあれです。2回クラッチを踏むからダブルクラッチ。
これもまた、ここで詳しいやり方は省きますが。。。

これをね、ちょっとだけ減速するときにやってみるんです。
前の車が少しだけ減速したときとか。

ブレーキ踏む程じゃないけどエンブレじゃ足りないみたいな。
そういう時の、ほんのちょっとだけの減速で回転数合わせるって難しいの!
ブリッピングでほんの500回転だけ上げるみたいなアクセルワークになるから。

慣れるまでピッタリ合わせるのは難しいから練習してみると楽しいですよ。

あと、公道で交差点前や信号でダブルクラッチをやるのはおすすめしません。
失敗した時に、急減速や急加速するので。

安全なコーナーでヒールアンドトゥ

ダブルクラッチができるようになったら、ヒールアンドトゥももちろんやりたくなりますよね!
つま先でブレーキを踏んだまま、踵でアクセルを煽って回転数を合わせるあれです。

まあ、つま先と踵っていうよりは、親指と小指みたいな感じなんですけどね。

ブレーキングしながらシフトチェンジを行う技術です。

これを、交差点でやると危険なので見通しがよく安全なゆるいカーブでやりましょう。

ノークラッチシフトチェンジ

シフトチェンジはクラッチを踏まなくてもできます。

エンブレがかかる寸前にギアの接触がなくなるのでクラッチを踏まなくてもギアが抜けます。
ギアにシフトを押し付けたまま回転数を合わせるとストンとクラッチをつないがままギアが入ります。

これができると割と楽しいです!
同乗者に自慢もできます。

ただ、シンクロメッシュが痛むのでやり過ぎは禁物です。
たまに自慢するぐらいにしておきましょう。

出来るだけブレーキを踏まずに走る

MT車はATよりもエンジンブレーキが効きます。
先ほど行ったダブルクラッチをこまめに行うことで、極力ブレーキを踏まずにエンブレだけで減速することができます。

このような走り方をすると、シフトチェンジをする回数が必然的に増えるので楽しいです。
また、ブレーキパッドの持ちも良くなるのでいいこと尽くめです。

うそです。
めっちゃ燃費悪くなります。

燃費のいい車種にお乗りの方はぜひやってみてください。

燃費良く走る

「出来るだけブレーキを踏まずに走る」と反対の楽しみ方になるんですが、燃費良く走ることを心がけて走ってみると楽しいです。

とにかくエンジンの回転数を上げないように。
エンジンに負荷をかけないように。
アクセルを深く踏まないように。

そういうふうに走ります。

エンブレなんか使いません。
とにかく燃費だけを気にして走ります。

そんな走り方して楽しいの?って思うかもしれませんが、これはこれで楽しいです。
回転数を上げないように走るので、こちらも必然的にシフトチェンジの回数が増えますし、給油の度燃費計測するのが楽しみになります。

「前回より1キロも燃費向上したぜ!」

とか。

車内に燃費計がついていると、リアルタイムで燃費がわかるのでより楽しいです。

お財布にも優しいので、節約して運転を楽しみたい方におすすめです。

まとめ

以上、公道でのマニュアル車の楽しみ方を書いてみました。

サーキットに行かなくても、これだけマニュアルを楽しむ方法があります。
MTにお乗りの方は、せっかくなんで試してみてください。

ちなみに僕はフェアレディZ Z33 に乗ってます。
6速マニュアル楽しいですよ〜。

広告を非表示にする