あめのて

活字を垂れ流す

【レンタルサーバー】エックスサーバーを選んだ理由4つ

スポンサーリンク

X
X / Ho-Teng Chang

このブログを開設するにあたって、どのレンタルサーバーを使うか結構悩んだ。

すでにさくらのレンタルサーバーのスタンダードを二つ借りており、当初はその片方に置くつもりだったが、改めて検討しエックスサーバーを借ることにした。
その理由は4つある。

あくまで、僕がこのブログを立ち上げるのにエックスサーバーを選んだ理由であり、エックスサーバーをお勧めする理由ではないので。。

スペック

他の同額ぐらいのレンタルサーバーと比べて、明らかにスペックが高かった。CPUとかメモリとか。
PHPの処理速度を実際にお試し期間を利用して測ってみたんだけど、さくらと比べて3倍ほど早かった。
wordpressを利用することは決めていたので、phpの処理速度が速いことはサーバーを選ぶ基準として大切だった。

ちなみにさくらはPHPは遅い。非常に遅い。あくまでスタンダードプランの話だけど。

ドメイン2つプレゼント

エックスサーバーはX20プラン以上だと、ドメイン一つ無料プレゼントをやっているが、僕がサーバーを検討している期間はさらにキャンペーンでもう一つドメインが無料になっていた。
独自ドメインを取得することは決めていたので、無料になることは非常にありがたかった。

情報量が多い

サーバーとしてのネット上の情報量は、さくらの方が多いのだが、wordpressでブログを運営することに関してはエックスサーバーの方が情報量が圧倒的に多かった。
まあ、よっぽど特殊なことをしないかぎりネットで情報をしいれてまで運営することはないと思うのだが、情報が多いことに越したことはないので。

プラン変更が容易

これが一番大きかった。
さくらはプランの変更が、サーバー移行の手間とほぼ同等なのに対し、エックスサーバーはプラン変更の際申し込むだけでいい。

例えば、サーバーに置いてあるwebサービスの利用者が急激に増加して容量が追いつかなくなったときは上位プランに変更しなければならない。
こういうときに、さくらは非常に大変なのだ。

それを恐れたのでエックスサーバーを選んだ。

まとめ

以上の理由から、エックスサーバーのX20プランを選んだのだが、正直なところ後悔している……。
PHPで開発を予定していたwebサービスをrailsで開発することになりそうだからだ。

エックスサーバーではrailsは動かないので、別のVPSを借りることになる。
それなら、最初からそのVPSにwordpressおけばよかったし、おかないにしてもX20じゃなくてX10でよかった。

12ヶ月で借りちゃったよ……。

こうなったら、このブログのアクセス数をX10じゃ足りないぐらいに伸ばすか、PHPで何かしらのwebサービスを開発するしかない。
もったいないから!!

広告を非表示にする