あめのて

活字を垂れ流す

【GoogleAdSense】厳しいアドセンスの審査が17時間で終わった。

スポンサーリンク

google
AdSense Mail / Akira Ohgaki

アドセンスは審査が厳しくて、時間もかかるっていうイメージだったんですけど、実際そうでもないんですかね?

今回、このブログで申請をしたんですが、アカウント取得から広告が有効になるまで17時間しかかからなかったんですよ。
しかも、ネット上で書かれている審査を受ける際の注意事項とかをいつくかことごとく破っていたのに。

べつにどこまでGoogle様が許容してくれるか試したかったとかじゃないんですけど、あんまりアドセンスを意識してブログを書くのもめんどくさくて、とりあえず申請して落ちてから考えればいいやーって楽観的な気持ちだったんですね。

というのも、アドセンスに申請するのは初めてじゃなくて、一度自分で立ち上げたSNSで申請したことがあるんですよ。
そのときは、結局なんど申請しても通らなくて、結局諦めたんですけど。
申請を送るたびに、承認されなかった理由としてメールで送られてきた問題が

不十分なコンテンツ

いやいや、SNSですよGoogleさん。
めっちゃコンテンツありますよ?
いやむしろこうしてる間にも増え続けていますよ?
100人以上の会員が毎日のように1000字を超える日記とか書いてくれていますよ?
閲覧だけならログインしなくても見れるからGoogleさんも見れていますよね?
これだけコンテンツがあって、審査の間にも増え続けているのにそれでも不十分なんですか?
これで不十分ならブログだったら何万文字何百記事書けば審査に通るんですか?

って思ったわけで。
それで何度再審査を繰り返しても同じ返事が返ってきたので諦めたわけですよ。

ブログだったら通りやすいよ!って言うのも調べてみてわかったんですけど、広告の審査するためだけにブログ作るのも面倒だなあと。
それに、ブログ作って審査通ったとしても、それで審査に繰り返し落ちたSNSに貼ったら怒られそうだなあと思ったんでやめました。

ということがあって、僕の中ではアドセンスの審査は通らない。落ちて当たり前。っていうイメージになってたんですよね。
だから、今回も一応アドセンスに審査する際の注意事項なんかを調べたりしたんですけど、どうせ落ちるんだろうし面倒くさいや!
と思いまして、何も意識せずに申請したら、たった17時間で終わって拍子抜けしたんです。

しかも、僕が調べた審査の流れとなんか違ったんですよね。

一般的な審査の流れ

アカウント取得
 ↓
URL送信
 ↓(1日〜2日)
一次審査通過のメールが届く
 ↓
広告コードを取得してブログに広告を貼る
 ↓(早ければ1日〜2日
  遅いときは1週間〜2週間以上かかることも)
二次審査通過。広告が有効化

っていうのが審査の流れらしいんですけど、僕の場合一次審査が無かったんですよね。
少なくとも、一次審査通過のメールは来なかった。
っていうか、URL送信してすぐ広告作成してくださいって出た。

審査方法変わったんですかね?
僕だけ?

言われるがままに広告貼って、待ってたら翌日に「Google AdSense アカウントの有効化が完了いたしました」という件名のメールが。
しかもなぜか本文は無し。迷惑メールかと思った。

すぐにブログを確認してみると、確かに広告が表示されていた。
SNSであれだけ通らなかったのはなんだったんだ、と。

ちなみに、今回審査をする際に気をつけたことと、気をつけろと言われているけど守らなかったことはこれ。

気をつけたこと

  • 5記事以上
  • 500文字以上
  • オリジナルの文章

守らなかったこと

  • 画像を使わない
  • 性的な表現をしない
  • 広告の配置

記事はぴったり5記事で、全部500文字以上の完全なオリジナル文章で書いた。
守ったのはそれだけ。

審査に通るまでは画像を使うなっていろんなサイトに書いてあったけど、画像を使わないブログなんて不自由すぎるだろ!って思ったので全記事に画像を使ってやった。
もちろん、著作権とか肖像権とかは気をつけたけど。
おっぱいとかも平気で書いてた。プロフィールにはフェチって書いてあるし。
広告の配置はそんなに重要じゃないのかもしれないけれど、ファーストビューに思いっきり貼っても問題なかった。

まとめ

もしかしたら、アドセンスの審査の流れが変わったのかもしれない。
これからアドセンスに登録しようとしている人は、そんなに神経質にならなくてもいいかもしれない。

広告を非表示にする