あめのて

活字を垂れ流す

【プログラマーになるには】プログラマーになるために最初に覚える言語

スポンサーリンク

プログラミング関係の記事は多く無いとは言ったものの、プロフィールにプログラマーって書いちゃってるので、プログラミングに関する記事を少しだけ。。


プログラマーを目指している人や、プログラミングを勉強したい人から恐らく最もよく聞かれる質問のひとつであろう

「どの言語から勉強すればいいの?」

という質問。

僕自身、小学生の頃から「しょうらいのゆめ」にプログラマーと何度か書いてきたので、ネット上でこの答えを探したことは何度もある。

「プログラマーになりたい。プログラミングができるようになりたい。
そう思ってプログラミングの勉強を始めようとしたけれど、調べてみると世の中にはいくつものプログラミング言語というものがあるようだ。 いったいどれを勉強すればいいんだろう」

そんな風に困っている人は大勢いることだろう。

wikipediaのプログラミング言語一覧を見ると、ちょっと数えるのが面倒なほどの種類がある。 これだけあったら、プログラムに完全に無知な人はいったいどうしていいかわからなくもなる。

(ジョジョ言語とかおっぱい言語ってなんだよ。気になるから今度調べてみよう。。。)


というわけで、俺と同じように悩んでいる、プログラマー志望の中学生や高校生ぐらい(小学生ぐらいでもok)を対象に、最初に身に付けるべき言語をお教えしましょう。

あくまで、プログラマーを目指している小中高ぐらいの学生を対象とします。

趣味としてプログラミングを始めたい社会人や、すぐにでも技術を身につけたい就活生は目的に応じて言語を選択してください。


では本題。

将来プログラマーを目指している人が最初に覚えるべき言語は。

英語です。

はい、今
「は?何言ってんのこいつ。それ言語は言語でもプログラミング言語じゃねぇじゃん。プログラマー関係ねぇだろそれ」

と思った人もいれば
おぉー、なるほどねぇ。それは深いな。いいこと聞いたわ」

って思った人もいるはず。
きっとどっちもいるはず!

でもね、べつにひねくれたことを言ってやろうとか思ったわけじゃなくてさ、本当なんですよ。

プログラミングなんかより先に、英語を勉強しておけばよかったなあと。
プログラマーにとって一番必要な言語は英語なんだって心から感じるんです。

もちろん、必須ではありません。
英語が全くできなくてもプログラマーっぽいことやっている人もいます。俺とか。

でも、英語ができるだけで今よりずっと色んなことができるんですよ。

例えば、Appleが新しい言語を開発したとするでしょ?(swiftとか) その言語を使ってアプリを作ると最先端の技術を使って様々なことが実装できると。
だから、早速その言語を勉強して最先端のアプリ作ってやるぞ!ってなったとしてさ。

でもね、その新言語のリファレンス(プログラミング言語の教科書みたいなの)は100%英語でしか書かれていないわけですよ。
つまり、英語が読めなきゃどんなに優れたプログラミング言語で、どんなに覚えが早くて優秀な能力をもったプログラマーでもほとんど使えないんです。(全くとは言えない)
だから、日本語に訳されたリファレンスが公開されるまで待つか、誰かが翻訳してくれたものを見るか、自分でなんとか解読するかしなきゃいけないんです。
そうなると、せっかくの最先端技術をすぐには使えない。

新言語じゃなくても、大抵のプログラミングに関する情報は英語のみで書かれた情報が最も多い。
プログラミング中にわからないことがあったときは、もちろんgoogle先生に聞くんだけど、英語ができるかできないかで、得られる情報量がぐんと下がる。

どうしても組みたいシステムがあって、それは決して難しいことじゃなくて、ここに書いてある通りにすればいいだけなんだけど、それが英語で書かれているものしかない。
なんてことは仕事中に多々あります。
てか、毎日のようにある。

だからさ、プログラマーになりたいなら

英語を不自由なく読めるようにしておけ

話せなくてもいい。聞き取れなくてもいい。書けなくてもいい。
でもせめて、英語を読めるようにだけはしておけ。

それだけで、得られる情報量が段違いだから。

プログラマーに限らないんだろうけど、何かを作ろう。webサービスを作ろう。システムを作ろう。とか。
そういうときに一番欲しいのって情報なんだよね。
自分の作ろうとしているものに関する情報をどれだけ集められるかで、完成度も、完成までの時間も変わってくる。

そのことに関しては、英語がものすごく強い武器になる。

だから僕は、プログラマーを目指している人が最初に覚えるべき言語として「英語」を押します。


そもそもさ、プログラミングなんて関数名とか命令文とかほとんど英語だからね?

たとえば

if(number == 1){
    //yes
}else{
    //no
}

みたいなコードがあったとするじゃん?
これはさ、ある程度一般的なプログラミング言語のどれか一つでも知ってる人は全員理解できるコードだけどさ、プログラミングを全く知らない人はわからないでしょ?
でもさ、もし英語が完璧に読める人がこれを見たら

もし(数字 == 1){
    //はい
}それ以外なら{
    //いいえ
}

っていうように見えるんじゃないの?流石に見えないのかな?
でもさ、もし英語圏の人はプログラムが全部こういうふうに見えるんだとしたらずるいよな。
めっちゃわかりやすいじゃん。

話それたけど……。。

日本人が開発したRubyっていう言語もさ、英単語の集まりなんだよね。

まあ、数あるプログラミング言語の中にはひらがなで組むようなのもありはするんですけど。

まとめ

プログラマーになりたい学生は、まず英語を勉強しておきましょう。

広告を非表示にする